こんな方にお勧めします

仙骨で飛ぶ!精確無比な打刻!コンパクト化実現!デザイン性向上!あなたは知っていますが?仙骨の力を・・・

ゴルファーが他の人には教えたがらない
噂の機械『アップル・センコツくん』

◆クラブを替えたのに飛ばない…
◆弾道が曲がってOBが多い…
◆プロのフォームを真似てもスコアが伸びない…
それは、あなたの『仙骨』の動きが低下しているからです。

スポーツの世界では、「骨盤」や「中心軸」という言葉で人体の中心の重要性が説かれていますが、その中心とは、正確には骨盤の中央にある逆三角形の骨=『仙骨』のことを指しているのです。
二足歩行する人間だけが、特に発達した仙骨を持っています。
さらに仙骨は硬い骨ではなく、健康な人ほど柔軟に動き、特別な波動を全身に発しているのです。この仙骨の可動性が低下すると、本来の元気な状態から遠ざかってしまうことになります。

飛ばない、曲がってしまう人の仙骨は?

仙骨は、人間のあらゆる動作の起点であり、中心としてバランスを保つ重要な働きを担っています。ゴルフでは特にインパクト時の仙骨が重要になります。
クラブを替えたのに飛ばない、弾道が曲がりやすくOBが多いという方は、仙骨が柔軟に動いておらず、仙骨にゆがみを生じているのです。このゆがみによる弾道のカーブを、頭脳で修正しようとするため、余計な力を使った打ち方になる人が多くいるのです。

まっすぐ思い切り飛ばせる人の仙骨は?

仙骨の動きが高まり、柔軟に動いていれば、インパクトの瞬間、人体の中心軸がピタリと中心をとらえ、頭脳で軌道修正する必要がなく、イメージ通りにまっすぐ、遠くへボールを飛ばすことができるのです。

『アップル・センコツくん』にたった4分乗るだけで、
仙骨の動きを高めることで人体の中心軸を
自動調整。飛距離と方向性がアップ!!

人体における仙骨(および尾骨)は、船に例えるなら、舵と同じ役目があるのです。船では、舵の方向が1度でも狂っていたら、徐々に方向がズレて、目的地にはたどり着けません。
人間の場合、広い体育館などで目隠しをして歩いてみると、まっすぐに歩いているつもりでも、大きくズレてしまうのは、舵取り役を担う仙骨が柔軟に動いておらず、仙骨にゆがみが生じているためです。
普段は目と頭脳で常に修正しながらまっすぐに歩いているのです。

ゴルフに限らず、あらゆるスポーツやビジネスの場においても、中心がしっかりと定まっている人は、直観力・集中力・洞察力に優れていると言えます。

仙骨は、船の舵と同じ

舵取り役の仙骨、尾骨が曲がっていると
船の方向舵が曲がっていると

舵取り役の
仙骨、尾骨が
曲がっていると
舵取り役の仙骨、尾骨が曲がっていると
船の方向舵が
曲がっていると

柔軟な仙骨による理想的なスイング

柔軟な仙骨による理想的なスイング

1.トップスイング  2.トップ  3.ダウンスイング  4.インパクト

柔軟な仙骨が、腕・肩・足腰など、全身の
動きを先導し、クラブの回転力を
そのままボールに伝えます。
頭脳を使わない、仙骨打法をあなたに伝授!

ゴルフだけに限らず、スポーツの上達を目指す方や、忙しくて十分な歩行ができないビジネスマンの皆様に『アップル・センコツくん』のご愛用をお勧めします。
練習やプレーのあとには『アップル・センコツくん』に乗って全身の状態を整えましょう。

【ゴルフをされている方のご愛用者の声】

こちらは、『アップル・センコツくん』を購入された方の個人の感想であり、『アップル・センコツくん』の効果、効能を保証するものではありません。

ゴルフをされている方のご愛用者の声●プレー中、疲れてくるとボールがカーブしてしまっていました。最初のうちは調子が良くて「今日こそ90を切るぞ!」と思っていても、最後の2〜3ホールで、いつもOBを叩いて悔しい思いをしていました。
『アップル・センコツくん』に朝、乗ってからプレーした日は、疲れを感じることもなく、OBを出さずに最後まで回ることができました。また、ゴルフから帰って乗ると、疲れを翌日に残すことがなくなりました。(M.Kさん/53歳)

ゴルフをされている方のご愛用者の声●『アップル・センコツくん』に朝晩乗るようになってから、腰のあたりがどっしりと安定した感覚があります。
ゴルフにおいては、今までより大きくブレずにスイングができるようになり、飛距離も伸びたことに自分でも驚いています。
また、グリーンのラインやカップまでの距離感が掴みやすく、パターもスムーズにカップインするようになりました。(T.Kさん/35歳)

●第一打のドライバーショットがまっすぐ、よく飛ばせるようになりました。さらにアイアンのコントロールも安定してきました。(Y.Uさん/46歳)